はじめてのレゴ「はじレゴ」ロゴ

レゴレシピ いろんな車のレビュー

レゴレシピ「いろんな車」の購入レビュー

レゴレシピ いろんな車のレビュー

TITLE
  • レゴ書籍レビュー
  • 2018年12月5日

TAG
CATEGORY

レゴレシピ いろんな車のレビュー

息子に頼まれてレゴレシピ いろんな車を購入しました。

レゴレシピ いろんな車とは

レゴレシピ いろんな車にはレゴを使った車の作り方が掲載されています。
冒頭に「レゴシティからインスピレーションを得てる」と書いてあるとおり、レゴシティをモチーフにしたレシピが多い気がします。

ページ数

96ページ(車などの作り方は全40種類)

中身について

5ページまでや最終ページを除き、すべてがレゴのレシピとなります。

スクールバスやブルドーザー、消防車…
子どもたちが大好きな乗り物がたくさん掲載されています。

2幅や4幅など、大人の手のひらサイズなものが多く、小さいながらもとてもうまくまとまっています。

感想

載っているレシピの難易度はかなり低いめです。
レシピ通りのパーツが揃っているならば、レゴシティなどを組み立てなれているお子さんだと5〜10分で作れるものばかりと思います。

うちの息子(当時4歳)で一つ作るのに10分ほどかかっていましたが、大人が横で見守っていれば自分ですべて完成させれるぐらいの難易度で、できたあとは「本に載っていたとおりにできたよ」と満足そうにしていました。

ただ、我が家のようにレゴシティシリーズをセットを中心に買い集めている、何を作るにしてもパーツは大体揃っているという人ならこの本を参考にいろいろと作れると思うのですが、普段からレゴシティのシリーズを買わないという人だと、全く同じパーツが見つからず、完成させるのが難しいかもしれないなと思いました。

例えばタイヤ周りのパーツなど、シティ以外のシリーズだと付属していることが少ないと思います。

子供にとってパーツを探すのは大変なことですので、こういった車用のパーツがあるかないかで、この本が楽しめるかそうじゃないか変わってくると思います。(ブルドーザーレシピのタイヤ部分とか…フレンズメインの人だと持ってないんじゃないかな…)

ですので、普段からレゴのシティシリーズや乗り物をよく作っている人には、特におすすめできる本だなと感じました。