はじめてのレゴ「はじレゴ」ロゴ

レゴのパーツを買う方法

レゴのパーツ入手方法は?

レゴのパーツを買う方法

TITLE
  • 読み物
  • 2019年3月20日

TAG
CATEGORY

レゴのパーツを購入する最適な方法は?

レゴに慣れてくると、市販のセットだけじゃなく「自分でも何か作品を組み立ててみたい」と思うようになると思います。(きっとうちの子供たちだけじゃないはず)

今あるパーツで作品作りをするのも楽しいですが、そのうち「もっとこんなパーツがあればいいのに」「もっと○○のパーツがほしい」と言われることもあるでしょう。

欲しいパーツだけを購入する方法についてまとめてみようと思います。

01.欲しいパーツだけを買いたいときは

欲しいパーツだけを購入するのに一番おすすめな方法は、ネットショップ通販です。

レゴ専門でパーツを取り揃えているお店や、一部カスタムパーツ(ライトのついているブロック)なども販売しているお店、オリジナルレシピを販売しているお店…といろいろなお店があります。

ホビーショップ・デジラ

レゴブロックを専門で取り扱っておられるお店です。セール中じゃなくても他店に比べると価格が安く、特価品などはびっくりするぐらい安くで販売されていることもあります…

オリジナル書籍なども販売されています。(ロボ関係の本が熱いです)

配送方法がクロネコヤマトのみ、一度の注文に付き32種類まで買い物かごに入れることができないというのが難点ですが、それにかえても価格が魅力です(決済は代引、銀行振込、NP決済後払い、クレジットカード払いで選べます)

サイトがスマホ対応ではないため、パソコンからの注文がおすすめ。

スターブリック37

レゴブロックを専門で取り扱っておられるお店です。(スターブリック37 Yahoo!店もあります)

オリジナルのインスト(設計図)の取扱いが豊富で、系列店の37インストマーケットではPDF形式のインストをダウンロード購入することが可能です。その種類は家やロボット、動物に楽器など「レゴでこんな作品もできるの!」と驚くものばかりです。

インストはお値段も手頃なものが多く、一見の価値があるのではと思います。

また、インストとそれに使用するレゴブロックをセットにした商品も販売されていますので、そちらもおすすめです。

LEGOブロック専門店 ブリッカーズ

通常のレゴブロックだけではなく、デュプロも取り扱っておられます。(Yahoo!ショッピング店もあります。)

パーツショップ3店舗の中でカテゴリ分け方法が一番わかりやすく、決済方法が一般的な方法以外にもAmazon payや携帯払いなども利用でき、発送までの時間も早いです。

欲しいものが見つけやすく、支払いもしやすい。そのため一番買い物がしやすいので、筆者はよく利用しています。

02.制限付きで大量にパーツを買いたいときは

大量にパーツを購入したいときには「Pick a Brick(ピック ア ブリック)」通称PaBがおすすめです。

PaBはレゴディスカバリーセンターを始め、レゴランドや公式レゴストアなどで取り扱われているシステムで、グラム単位の量り売りや、ボックス内への詰め放題など複数方法があります。

筆者が行くのは『レゴディスカバリーセンター大阪』と『レゴストア梅田店』ですが、『レゴディスカバリーセンター大阪』は量り売り、『レゴストア梅田店』は詰め放題システムです。

(関西以外のお店に行ったことがないですが、レゴディスカバリーセンターは量り売り、それ以外だとレゴランドを含め詰め放題な気がします…)

壁にある棚の中にパーツが大量に設置されており、その中から好きなものを選んで購入することができます。

レゴストアにある詰め放題用のボックス(大)は一回3,000円です
この窓はすべてPaBで購入しました

どんなパーツが置いてあるかがわからないため、欲しいパーツが常に置いてあるという保証がないのが難点ではありますが、そこは行ってからのお楽しみ。だからこそ欲しかったパーツの取扱いがあったときはとても嬉しくなります。

筆者は普段詰め放題に挑戦はしないんですが、レゴだけは別…毎回ギッチギチになるまで詰めて楽しんでいます(笑)

「#LEGO #PaB」でTwitter内検索をすると、色んな方が「○○のレゴストアでこんなパーツがあった」と公開されていたりするので、そちらを参考にしてお店へ行かれるのもおすすめです。

たくさん詰めるコツもあるんですが、それはまたの機会に記事にしようと思います。

03.珍しいパーツや中古パーツを買いたいときは

今では販売していないパーツやセットを買うのにおすすめなのは『ヤフオク』などのオークションサイトや、『メルカリ』『ラクマ』などのフリマサイトです。

個人間取引ですので発送日にばらつきがあったり、稀にハズレ(臭いがついている、傷や黄ばみがある)に当たることもありますので、あまり期待しすぎるのも良くないです。

筆者は一度喫煙者とメルカリで取引をして、届いたレゴのヤニ臭さと黄ばみがどうやっても取れず、がっかりしたことがあります。タバコやペットの毛が気になる方は、事前に「喫煙されますか?」と質問をしておくことをおすすめします。

数キロ単位で販売している人も多いので「中古でもあまり気にならない」「とにかく珍しいものがほしい」という人にはおすすめです。(筆者は何度かレゴのバイオニクルシリーズを購入しています)

もちろん良い出品者さんや商品に当たった場合は、綺麗なブロックを手に入れることができたり、稀におまけをつけてくれる人も…この辺りは個人間取引ならではの良さかもしれません。

購入前には『相手の取引評価』をしっかり見て、自己責任での取引をしなければいけません。(基本サイト管理会社はユーザー間取引で起こったトラブルに介入してくれません)

また、互換品というレゴのそっくりさんを販売している方もいるので、「レゴ互換品」という言葉には気をつけてくださいね。(レゴの互換品・模造品についてはこちらの記事で紹介しています。

04.大量にレゴパーツを買いたいときは

「色々探したけれど、ほしいパーツが見つからなかった…」そんな方におすすめするのがBRICKLINK(通称:ブリリン)です。(果たしておすすめして良いのか…?)

現在日本では販売されていないようなレアパーツや、海外でしか販売されていない商品も海外で直輸入できる海外のサイトです。

日本への発送に対応していないお店もあります、その場合は交渉が必要です。交渉しても対応してくれないお店もありますが、ダメ元で交渉してみるといいです。筆者は「Do you ship to Japan? How much is the shipping fee?」と質問するようにしています。

  • デメリット
  • 国内で手に入らないものを手に入れることができる
  • 為替のレートによっては国内で購入するよりも安くなることがある
  • 海外発送のため時間がかかる(日本に比べ、発送までが遅い)ことが多い
  • 英語が苦手な人には交渉やトラブル発生時に対応しにくい
  • 送料が高くなることがある
  • 届いた商品は数量確認が必須(個数を間違ってることがある)
  • 梱包が雑なことが多い

…というデメリットもあります。

余談ですが、トラブルと言えば、レゴ認定プロビルダーの三井淳平さんがブリリンで届いたミニフィグが偽物だったとツイートされていたこともあります。

こうなった場合、英語力皆無の筆者では対応できないだろうなぁって思います(苦笑)

日本のネットショップってとても対応が丁寧で、梱包材などでしっかり梱包した上で発送してくれますよね。でもブリリンはパーツがビニール袋に入れたままの状態だったり、「これよく無事で届いたな」というような状態で届いたりすることも多いです。

「直接ブリリンで購入するのは不安」という方は、カンザンブリック(ブリリン代行業者)さんに依頼するのも一つの手かもしれません。セラー指定で購入することも可能です。

05.その他

その他にも、欲しいパーツの入っているセットを購入して、欲しいパーツだけを取り出すという方法を取る人もいるようです。ミリタリー好きな方で「戦車のキャタピラーに使いたい」とある商品を複数買いしているなんて人もいました。

筆者は「ネットショップ」「メルカリ・ヤフオク」「ブリリン」を、一番オトクになるように利用しています。皆さんにとってもよい取引方法がみつかりますように。